Blog

日々の暮らしの中で気づいた発見やFNの出来事、etc… 情報を掲載していきます。

2017.11.13

11月のFN塾は、カミノシゴト展 & 熱田神宮 散策

FN塾

こんにちは、稲葉です!

11月のFN塾は熱田区散策。
まずは「カミノシゴト展―和紙のある生活―」を見に「紙の温度」へ。

IMG_7136s
IMG_7137s

入り口にはクリスマスツリー!
もちろんオーナメントはすべて紙で作られてます。

IMG_7142s
IMG_7148s

ギャラリーで展示中の「カミノシゴト展―和紙のある生活―」。
「カミノシゴト」とは美濃和紙職人たちの漉く
和紙を素材にして開発された製品のブランド名。
「和紙のある生活」をテーマにした様々な商品を生み出しています。
今回の展示は、伝統工芸の「水うちわ」はもちろん、
美濃和紙を使った可愛いアクセサリーや雑貨など、
小さいスペースながら、魅力的なアイテムがたくさん!
どの商品も「和紙」ならではの温もりや品、優しさがあって、
見ててとても癒されました。

「紙の温度」の店内には、
見たことのない珍しい手漉き和紙や世界の紙が
ところ狭しと並べられていて、店内を見て回るだけでかなり楽しいです。
物販も充実していて、ついつい皆で長居してしまいました。
展示は撮影不可のため
「カミノシゴト」の美しい品々はこちらからどうぞ。

http://kaminoshigoto.net
http://www.kaminoshigoto.com

その後は「熱田神宮」。
荘厳な雰囲気を味わいつつ散策。
ちょうど結婚式の準備中の「祈祷殿」に灯る明かりが
曇り空の境内に映え美しかったです。

IMG_7150s
IMG_7162s

●本日の戦利品-その一

IMG_7194s

「紙の温度」で購入した御朱印帳。
さっそく熱田神宮で御朱印をいただきました。

●本日の戦利品-その二

IMG_7195s

和紙で出来た小さな額。
額の中に干支シールを入れて、お正月飾りにしようかなと。

クリスマスに干支もの。
もう年末が近いですね。

2017.10.16

10月のFN塾は「ねこ休み展 秋 2017」

FN塾

こんにちは、寺田です!

10月のFN塾は、「ねこ休み展 秋 2017」へ行きました。

1

新栄に新しくオープンしたギャラリーで開催中です。
会場には、インスタなどSNSで人気の
可愛い猫達の写真がところせましと展示してあります♪

2

3

会場内はすべて撮影OK!なのも嬉しいところ。
スタッフみんなで大変盛り上がりました!!
販売グッズもテイストが豊富で、可愛いものばかり。
お気に入りが見つかりすぎて困りました。。。。

入り口には「ネコみくじ」なるものまであります。
引いてみたところ“猫吉”!笑 猫にあやかれたようで、嬉しいです。

4

楽しませる工夫が随所にある、大興奮&癒しのねこ休み展でした!

【その日のランチ】
6

【その日の戦利品】
5

2017.8.16

8月のFN塾は「安西水丸展」

FN塾

こんにちは。川口です。

今月のFN塾は清須市はるひ美術館で開催中の
「イラストレーター安西水丸−漂う水平線−」に行きました。

まずはランチです。
_20170816_171449
オシャレです!!そしておいしかったです!

その後、美術館へ移動です。

anzai_title

安西さんはイラストレーションだけでなく、エッセイや漫画、絵本等も
書いていたそうです。多才な方ですね!!

安西さんのイラストにおいて印象的なのは、
展覧会の題名にもある中央にひかれた水平線です。
この線があるだけでイラストに奥行きやメリハリがでますね。
また、この水平線は安西さんが慣れ親しんだ海に由来があるそうです。

最小限の要素に、大胆な構図。
すごくかわいくて、そしてかっこ良かったです!

最後に記念写真。。。
IMG_1695

お盆は明けましたが、まだまだ残暑が続きます。
お体に気を付けて夏を乗り切りましょう!

おまけ

_20170816_171330
おじが飼っているねこちゃん

2017.7.5

7月のFN塾は「パリジェンヌ展」

FN塾

こんにちは、稲葉です。

今回のFN塾は、ボストン美術館で開催中の
「パリジェンヌ展」へ。

IMG_5958

いつの時代もパリジェンヌに「憧れるのは、なぜ?」
その魅力に隠された本当の姿をひも解く。。
というコンセプトらしく、
フランス色をピンク&ブルーで可愛く表した、
「?」がキービジュアルで、目を引きます。

visual

最近はどこの美術館も
展示内容はノーマルでも、
少し切り口を加え、企画やビジュアルに展開することで
目を引こう、楽しませよう!と工夫してるなと感じます。

IMG_5965

こちらは展示ではなく「パリジェンヌなりきりコーナー」の一角。
好きな衣装を着て撮影することができます。

余談ですが、自分にとって
「パリ」といえば、宝塚歌劇。
昭和2年、当時パリを中心に、西欧で大流行していた「レビュー」を
日本で一番最初に上演しました。
その後も今に至るまで、レビューもお芝居も
宝塚と「パリ」はとても馴染みが深く。
そんな個人的な視点からも、
感情移入して、楽しめる展覧会でした。

IMG_5974_2

最後は、なんとなく恒例となりつつある記念撮影♪
今回も、楽しい時間に感謝!のFN塾でした。

 12345   >>